girl and pills

気づかないのが危険である

Common drugs

クラミジアとは日本で一番感染者の多い性病です。国内において感染者は100万人以上と言われています。クラミジアはあらゆる性行為で感染してしまいます。感染日から2、3日で検査することは可能ですが潜伏期間が3週間ほどあります。パートナーと一緒に感染していることが多いため治療は一人ではなく、二人一緒に受診し治療する必要があります。気付かないまま感染を広げてしまうということもあるのです。病院によってはブライダル割りといって結婚し、子供が欲しい夫婦が二人一緒に受診すると割引になるというところもあります。クラミジアに感染しているかどうかだけを調べるならインターネットで輸入代行している店から購入すると病院へ行くよりも安く検査することはできます。

クラミジアに感染してしまったとき、治療の基本は抗生物質の服用です。抗生物質は細菌をやっつける専用の薬で医師だけが処方できるようになっています。最近ではインターネットでも海外から輸入されたものを購入することができますが、こちらはすべて自己負担、自己責任での使用となります。クラミジアに感染してしまうと、風邪とは違って自然に治るということがありません。クラミジアはなかなか自覚症状がでないため、おかしいと思って病院に行く頃には悪化している場合が多いです。安価だから、病院に行くのが恥ずかしい、ばれたくないなど色々な理由があるかもしれませんが、きちんと医師に治ったと言われるまで治療することが好ましいでしょう。

  • 治療中に気を付けること

    imported drugs

    クラミジアの治療中には気をつけなければいけないことがあります。それは基本的に抗生物質が処方されるようになっていますが、処方された薬に量や回数をしっかりと守るようにします。

    Read more
  • 感染率が非常に高い

    guidance of doctors

    クラミジアは非常に感染力が高くなっています。1回の性行為で約50パーセントという確率で感染すると考えられています。基本的な治療方法は抗生物質と言うことになります。

    Read more
  • 不妊症の原因にもなる

    medicine and health

    不妊の原因がクラミジアの感染によるものだったり、妊婦がクラミジアに感染している場合は胎児にも影響が出る可能性もあります。性交相手が一人しかいない場合でも、相手が過去に何人かの人と経験があれば感染している可能性もあります。

    Read more